TOEFL-iBT100・TOEIC900を目指す

アクセスカウンタ

zoom RSS 「十二番目の天使」 原作/オグ・マンディーノ 漫画/ていか 小鳩

<<   作成日時 : 2009/09/16 21:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

久々の書評は漫画の一冊を。自分チョイスではありませんが宣伝のつもりもまたありませんので公平に。

十二番目の天使という題名で原作はアメリカの作家さんのようです。
漫画家はていか 小鳩という3人組の方々でそれほど活動歴は長くないようです。
原作小説の漫画家なので絵とストーリーに分けて書きます。

ストーリー

アメリカのあるリトルリーグチーム(少年野球)、そこに新しい監督が就任します。
彼にはある悲しい過去があり、自殺すら考えていたのですが、そこで12人の「天使たち」に出会いました…。

題材は私の好きな野球であり、そこではあきらめない強さが語られます。
never give up, never,never,never!
(決してあきらめるな、決して、決して、決して!  byチャーチル)
がこの作品の一つのテーマのようですが、それよりも別の台詞が印象的でした。

Day by day, in every way, I’m getting better and better.
(毎日、毎日、あらゆる面で、どんどん良くなっている by エミール・クーエ)

運動が苦手な12番目の選手であるティモシーが自分の支えとしている言葉ですが、この暗示は非常に大切なことだと思います。

野球に限らずチームスポーツというものはまず試合に出るためにチーム内の競争に打ち勝たなくてはなりません。
レギュラーたちの高い壁を思うとき、彼らを目標として練習するのは大変な困難と強い意志を必要とします。
また、控えの状態が長くなるといつしかその壁が低くなること(=彼らがミスをしたり、怪我をすること)を望むようになってしまいがちです。
しかしそれでは自身の向上は望めず、肝心な時に結果を残すことができません。
そういう時は、自分と競争するしかないのです。昨日よりも少しでも今日の自分が良くあるため、日々を努力するのです。そうして初めて高い壁を越えることができます。

これは何もスポーツに限ったことではありません。日常においては忘れがちですが、少しでも心がけることができたらとこの作品を読んで思い返しました。

ストーリー全体をみると決して意外性に満ちたものではありませんが、セリフや設定に光るものはあると思います。
漫画化のためにいくつかエピソードが削られたようで、そこが少し残念です。
改めて原作が読みたいと思いました。



非常に淡く、可愛らしい感じに描かれていて、非常に好感のもてる絵柄です。
表紙を見て心惹かれる方もおられるのではないでしょうか?
ティモシーも女の子(!)みたいにかわいいし(笑)

ただ残念なのが作者があまり野球に馴染みがないせいか若干バッティングフォームなどがおかしいです(汗)
もうちょっと頑張ってくれ〜…って思いました


まあいろいろ書きましたが総じて良い作品だったと思います。
原作が気にかかっていますので、もし原作を既に読んでいる方がいたら是非感想をお聞かせ下さいm(__)m


画像


『AQUTNETリサーチ「本読みブロガー」提供書籍』

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「十二番目の天使」 原作/オグ・マンディーノ 漫画/ていか 小鳩 TOEFL-iBT100・TOEIC900を目指す/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる