英語学習書評20:魔法のひとつぶ英会話: 「音読+反復」があなたの英語に魔法をかける

つぶやき、音読系第二弾(笑)。

習慣化とやりがい、面白さは基本的にはトレードオフの関係にあるので、
なかなかバランスを取るのは難しいですね。
習慣化のためにはある程度単純な、自動化したものが良いし、しかし
あまりに単純なものはつまらない・・・。

自分的にはどちらかというと単純を繰り返すというよりは、面白いものをあれこれ試して、
その積み重ねでなんとなく分かっていく流れが好きですが、もちろん幅広すぎるとなかなか
身についた実感がつきにくいので、本当にこれは個人の好みと根気を含めた各々の能力に依存するんじゃないでしょうか。答えのない問題。


【タイトル】
魔法のひとつぶ英会話: 「音読+反復」があなたの英語に魔法をかける

【著者】
杉江メアリ

【ジャンル】
スピーキング

【目的】
簡単な英文を反復して音読することでスピーキングの向上を目指す

【難易度(5段階 1:初学者 3:日常生活可能 5:業務で使用可能)】
1-3

【まとめ】
コンセプトとしては、どんどん話すための瞬間英作文トレーニングと同じ本。
前半は九九の掛け算や曜日、月の名前などを一定の文章にして単語を変化させて反復、後半はよく使う構文 (”Would you mind ~ing ?” など) を内容を変化させて音読を反復させる内容。

【お薦めできる対象】
スピーキングの練習をどうすれば良いかわからないひと

【お薦めできない対象】
スピーキングの練習の方法がわかっている人

【率直な感想】
前半は確かに文章を見ずに口馴らしをできるので、悪くはないとは思うがやはり退屈。
後半だけでも良かったかな、という印象。
どんどん~よりは安いので、内容も合わせるとどちらかを買うならこちらかもしれない。

【勝手に採点】
・合計点(100点満点)
87点
値段も考慮してこの点数。内容としては軽め。

・目的役立ち度(25点満点)
22点
イントネーションなど、読み方などの解説も多いので、どんどん~よりは良い印象。

・取り組み易さ(25点満点)
22点
実行のハードルは低いでしょう。お風呂場の5分なら抵抗なくできます。

・継続性(25点満点)
20点
内容がちょっと退屈で、反復はやや苦痛かも。もちろん続けられれば有意義でしょうが。

・コストパフォーマンス(25点満点)
23点
安いのでコストパフォーマンスは良い。電子書籍のみか?





この記事へのコメント

この記事へのトラックバック